~ グループ討議とEラーニングのハイブリット教育で知識の定着化 ~


株式会社ラキール(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「ラキール」)は、プライムプラネットエナジー&ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 好田博昭、以下「PPES」)の従業員向け安全教育の取組みとして、「LaKeel Online Media Service」が採用されたことをお知らせいたします。

会社概要・採用の背景

PPESは高品質の車載用電池をよりスピーディに供給することを目的に、トヨタ自動車(株)とパナソニック(株)の合弁会社として2020年に設立された新しい会社です。車載用電池でトップレベルの安全性、品質・信頼性を有するパナソニックと、自動車の電動化・電池の先行開発をリードするトヨタ自動車、そして両社共通の強みを高度に融合し、常に新しい価値を広く全てのお客様にお届けできる会社を目指しています。

PPESは、姫路・加西・洲本・徳島の4つの生産拠点を国内に持ち、車載用高容量/高出力角形リチウムイオン電池の開発・製造を行っています。高品質の製品を作ることと量産体制の強化に努める一方、規模拡大の中での効率的な安全教育方法を模索していました。

各種教育方法を検討した結果、短時間で効率的に実施できる、わかりやすい教育システムとして、「LaKeel Online Media Service」の採用を決定しました。

「LaKeel Online Media Service」導入の目的

  • 社員一人一人の安全意識向上による社内文化の醸成
  • 安全衛生教育の実施にかかる運営側の大幅な工数削減・費用抑制

「LaKeel Online Media Service」が採用された5つの理由

  • 安全衛生教育の知識を『わかりやすいアニメーション』で学習することが可能
  • コンテンツがコンパクトで気軽に視聴可能(3~5分/1教材)
  • 要望すると無料制作してくれる映像コンテンツの質が高く、教材として効果が高いため
  • 中小企業から大手企業まで多くの製造業で採用されており、信頼度が高いため
  • マルチデバイス対応のため、いつでも・どこでも視聴が可能(モバイル機器の活用)

「LaKeel Online Media Service」利用により、安全意識の向上を図る

現在、各グループで1本2-3分程度の安全コンテンツを視聴し、その内容について議論をするなど、知識の定着に向けた工夫も行いながら、「LaKeel Online Media Service」を積極的に利用しています。

今後も従業員が「安全衛生」に関する理解を深め、一人一人の安全意識を向上させることで、労働災害の抑制に繋がるよう安全衛生教育に力を入れていく予定です。

ラキールでは、今後も「LaKeel Online Media Service」の充実したサポートと機能拡張を通して、PPESの業務を支えてまいります。

「LaKeel Online Media Service」について

「利用率が思うように上がらない、思ったほど効果が出ない」というこれまでのeラーニングの課題を解消する、企業向け動画配信型教育サービスです。学習理論のTPACKをベースに制作されたアニメコンテンツは学習効果が高く、1本2-3分程度とマイクロコンテンツ化されており、日常業務の隙間時間や休憩時間など、いつでもどこでも学ぶことができます。「LaKeel Online Media Service」は〈点の学習〉から〈線の学習〉を実現し、より高い効果が得られる「ブレンディット・ラーニング」と呼ばれる最新の学習メソッドを提供しています。

 

LaKeel Online Media Serviceサイト https://om.lakeel.com

 

プライムプラネットエナジー&ソリューションズ株式会社 https://www.p2enesol.com/

株式会社ラキール https://www.lakeel.com

 

* 会社名、製品名等はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

 

お問い合わせはこちら

本プレスリリース(PDFファイル)