~ 全従業員の理解度を可視化し、品質管理の徹底を目指す ~


株式会社ラキール(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「ラキール」)は、池島フーズ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:池島 滋、以下「池島フーズ」)に、「LaKeel Online Media Service」を採用されましたのでお知らせいたします。

会社概要・採用の背景

池島フーズは「めんは永遠なり お客さまに喜ばれる品質第一の製品づくり」を経営理念に掲げ、安全・安心な麺づくりにこだわりを持っています。生産効率ではなく、時間と手間をかけ原料素材のもつ本来の力を充分に活かすことで、高品質な製品の提供を実現しています。取扱っている製品は一流の料亭、割烹、ホテルなど業界用を主軸としていますが、新製品開発にも積極的に取組んでおり、一般消費者へ向けた販路の拡大も図っています。

食品安全体制の強化のため、工場では既に国際規格であるFSSC22000や各協会・自治体のHACCP認証を取得しております。また、お客様からの信頼を高めるための継続的改善を実施し、常に安全・安心な製品を提供できるよう努力しています。万一、商品の不具合が発生した場合には、迅速に原因を特定し被害拡大を抑制するために、原料の受入記録、製造記録、ロット管理など、あらゆる工程で記録管理を徹底することで、トレーサビリティを確保しています。

一方課題としては、全従業員を対象に食品安全の教育を実施するうえで、各従業員の理解度の把握、集合形式での教育時間の確保、資料作成等のコストが挙げられていました。

課題解決へ向け教育システムの導入を検討した結果、食品安全の教育を短時間で効率的に実施できることから、「LaKeel Online Media Service」を採用しました。

「LaKeel Online Media Service」導入の目的

  • 個人単位での食品安全に関する知識レベルの向上
  • 食品安全教育の実施にかかる運営側の大幅な工数削減
  • 全従業員の食品安全に対する理解度を把握・管理

「LaKeel Online Media Service」が採用された4つの理由

  • 反復学習による知識定着と行動変容の実現が可能
  • 食品安全の専門知識を『わかりやすいアニメーション』で学習することが可能
  • マルチデバイス対応のため、いつでも・どこでも視聴が可能(モバイル機器の活用)
  • 受講者管理ツールにより、全従業員の計画に対する受講状況や理解度の把握・管理が可能

「LaKeel Online Media Service」利用により、一人ひとりのスキルアップを図る

全従業員が「食の安全」に関する理解を深め、一人ひとりのスキルアップを図ることで行動変容を促します。そして、池島フーズの食品安全方針である「品質第一の製品づくり」に繋げ、製品をお取扱いいただくお客様、お召し上がりいただく方々に喜んでいただけるよう、企業としてのレベルアップを目指します。

 

ラキールでは、今後も「LaKeel Online Media Service」の充実したサポートと機能拡張を通して、池島フーズの業務を支えてまいります。

「LaKeel Online Media Service」について

「利用率が思うように上がらない、思ったほど効果が出ない」というこれまでのeラーニングの課題を解消する、企業向け動画配信型教育サービスです。学習理論のTPACKをベースに制作されたアニメコンテンツは学習効果が高く、1本2-3分程度とマイクロコンテンツ化されており、日常業務の隙間時間や休憩時間など、いつでもどこでも学ぶことができます。「LaKeel Online Media Service」は〈点の学習〉から〈線の学習〉を実現し、より高い効果が得られる「ブレンディット・ラーニング」と呼ばれる最新の学習メソッドを提供しています。

 

LaKeel Online Media Serviceサイト https://om.lakeel.com

 

池島フーズ株式会社          https://www.umaimen.com

株式会社ラキール                                    https://www.lakeel.com

 

* 会社名、製品名等はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

 

お問い合わせはこちら

本プレスリリース(PDFファイル)