労働災害を防止するためには、幅広い労働安全衛生の取り組みが求められます。その中でも安全衛生委員会の設置、運用は重要な活動の一つです。
今回は、労働安全委員会の概要から設置基準、審議内容、活動を効果的に行うための取り組みまでご紹介します。

安全衛生委員会とは

安全衛生委員会とは、労働安全衛生法で定められた、一定の規模に該当する事業場で設置する義務のある委員会です。主に、労働者の危険を防止するための対策を講じ、労働安全に関する重要事項について調査審議を行います。

一定の規模に該当する事業場では、労働安全衛生法にて「衛生委員会」もしくは「衛生委員会と安全委員会」の設置が義務付けられており、業種や常時使用する労働者の人数によって設置条件が異なります。安全衛生委員会は、「衛生委員会」と「安全委員会」を統合した委員会になります。

業務が原因で労働者が負傷したり病気になったりする労働災害を防止する取り組みは、労働者と使用者一体となって行う必要があります。

そのためには、労働者の危険を防止するために取り組むべき、労働災害の原因や再発防止対策などの重要事項を話し合って取り決めておく必要があります。

労働者と使用者が集まり、労働者の意見を反映させるように、十分な調査審議を行う必要から、安全衛生委員会の設置が義務付けされています。

安全衛生委員会の設置義務・基準

安全衛生委員会の設置義務や基準について詳しく見ていきましょう。

●安全衛生委員会の設置基準

安全衛生委員会の設置基準は、次の2つの事業場が該当します。

1.常時使用する労働者が50人以上の事業場で、次の業種に該当するもの
林業、鉱業、建設業、製造業の一部の業種(木材・木製品製造業、化学工業、鉄鋼業、金属製品製造業、輸送用機械器具製造業)、運送業の一部の業種(道路貨物運送業、港湾運送業)、自動車整備業、機械修理業、清掃業

2.常時使用する労働者が100人以上の事業場で、次の業種に該当するもの
製造業のうち1以外の業種、運送業のうち1以外の業種、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業・小売業、家具・建具・じゅう器等卸売業・小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業

出典:厚生労働省「安全衛生委員会を設置しましょう」

●委員の構成

安全衛生委員会の構成員は、労働安全衛生法第19条第2項にて以下の通り定められています。

1.総括安全衛生管理者または総括安全衛生管理者以外の者で、当該事業場においてその事業の実施を統括管理するもの若しくはこれに準ずる者のうちから事業者が指名した者
2.安全管理者及び衛生管理者のうちから事業者が指名した者
3.産業医のうちから事業者が指名した者
4.当該事業場の労働者で、安全に関し経験を有するもののうちから事業者が指名した者
5.当該事業場の労働者で、衛生に関し経験を有するもののうちから事業者が指名した者

●その他の事項

安全衛生委員会は、毎月1回以上開催する必要があります。また委員会の運営について必要な事項は、委員会が定めます。

さらに事業者は、委員会の開催のたびに遅滞なく、委員会における議事の概要を掲示や書面交付などによって労働者に周知させなければなりません。議事で重要なものについては記録を作成し、3年間保存する必要があります。これらのことは、労働安全衛生規則第23条には以下の通り記載されています。

1.常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付けること。
2.書面を労働者に交付すること。
3.磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置すること。
4.事業者は、委員会における議事で重要なものに係る記録を作成して、これを3年間保存しなければなりません。

出典:厚生労働省「職場のあんぜんサイト 安全衛生委員会」

安全衛生委員会の調査・審議の内容

続いては、安全衛生委員会の調査・審議の内容について見ていきましょう。次の4項目が定められています。

1.労働者の危険を防止し、健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること
2.労働者の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること
3.労働災害の原因及び再発防止対策で、安全衛生にかかわるものに関すること
4.3に掲げるもののほか、労働者の危険の防止、健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項

4については、安全衛生に関する規程の作成や、危険性または有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置のうち、安全衛生に関することなど、複数の項目が含まれています。

出典:厚生労働省「職場のあんぜんサイト 安全衛生委員会」

安全衛生委員会の活動を効果的に行うためには

安全衛生委員会の活動をより効果的に行うためには、何よりも先に委員会設置の意義や、それによってもたらす事業者と労働者へのメリットを十分、理解する必要がありそうです。

労働災害の防止は事業者と労働者双方にとって重要なことです。そのため、先述の通り、労働災害防止の取り組みは労使が一体となって行う必要があります。

それを実現するために設置された安全衛生委員会において、事業者は、労働者の意見を十分に反映させ、その意見を重視することが求められます。

その上で、労働者への労働安全衛生教育を徹底することも必要であり、安全衛生委員会と労働安全衛生教育、及びその他の労働災害防止の取り組みが十分に実施されることで、労働災害の削減効果が期待できると考えられます。

まとめ

安全衛生委員会の概要をご紹介しました。事業者は、労働者と共に労働災害防止の取り組みの重要な話し合いの場として、積極的に活用していくことが求められます。

並行して安全衛生教育にも力を入れることで、労働者の労働安全意識が高まり、より委員会での話し合いが有意義なものになっていくと考えられます。

労働安全衛生教育の教材としておすすめなのが、ラキールの「Lakeel Online Media Service」です。

労働安全衛生教育を動画によるeラーニングでご提供するサービスで、労働安全教育が必要とされる人々に、新しい情報や必要な知識を素早く正しく編集し届けることで、働く方々の安全と効率的な学びをご提供します。
サンプル動画がございますので、まずは一度視聴してみてください。


サンプルムービー

再生する
他の動画も見てみる
(無料視聴申し込み) ナリアちゃん

アニメーションによる教育動画で学ぶ意欲のない労働者でも興味が沸くような仕組みがあり、反復しやすさなども手伝って、知識の定着や行動変容を促進し、教育効果が得られやすいという特長があります。

詳細はサービス紹介ページをご覧ください。