近年、物流需要の高まりを背景に、物流倉庫などの物流拠点の数が増えていると言われています。そうした中、物流倉庫では、労働中の事故や労働災害が多発している現状があります。

今回は、物流倉庫での事故を予防する必要性とともに、物流倉庫でよくある事故のほか、物流倉庫における事故対策をご紹介します。

物流倉庫での事故を予防する必要性

まず、物流倉庫で事故がどのくらい増加しているかデータで確認してみましょう。

中央労働災害防止協会が発表している「労働災害分析データ」によれば、倉庫業における令和4年の災害発生件数は821件であり、前年の781件から40件増加しました。ここ数年のデータを見ると、件数は増加の一途をたどっています。

事故の型別発生状況を見てみると、転倒災害が年々増加しており、特に令和4年で急増しています。また、年齢別発生状況については50~59歳が最も多く、次いで40~49歳、60歳以上と続きます。特に令和4年には60歳以上の事故が急増していました。

こうした状況を受け、物流倉庫を運営する企業は十分な事故の予防策を講じる必要があります。転倒災害や高齢者の事故の増加といった傾向をよく知り、対策を講じることが重要です。

出典:中央労働災害防止協会「労働災害分析データ 倉庫業」

物流倉庫でよくある事故の例

具体的には、どのような事故が物流倉庫で発生しているのでしょうか。よくある事故の例を見ていきましょう。

墜落・転落災害

【事故例】
・トラックの積み荷上に乗って作業している最中に、シートを引っ張り、その反動で墜落。
・トラックの荷台から意図的に地面に飛び降りた際、バランスを崩して負傷。

トラックから荷積みや荷下ろしをする際に、荷台やテールリフトに労働者が乗って作業することがありますが、その際に、何かの拍子に墜落してしまうといった事故が起きています。

フォークリフトとの接触による災害

【事故例】
・前進もしくは後進してきたフォークリフトに追突される。

トラックの荷積みや荷下ろしや荷物の運搬に用いられる車両、フォークリフトに追突されるなどの接触災害も多く発生しています。

ロールボックスパレット(カゴ車・カゴ台車)が関係する災害

・倒れたロールボックスパレットに巻き込まれてしまい、重大な事故に。

ロールの付いたボックスパレットで荷物を運搬したり、移動させたりする際に墜落や転落を起こすケースが多いといわれています。

転倒災害

・重量物を手で運んでいる最中に通路の段差に気付かずに転倒。

労働者が荷物を手で運んでいる最中に、転倒する事例は多く発生しています。重量の大きいものや複数の荷物を同時に運んでいるときには転倒するリスクが高まり、最悪の場合、骨折などの大きなけがに繋がります。

腰痛を起こす災害

・地面に置かれた荷物を持ち上げて机の上に置く動作のときに腰痛に。

同様に手作業で荷物を運ぶ際に、重量物を持ち上げたり下ろしたりした反動や無理な動作などによる腰痛災害も多く発生しています。

物流倉庫における事故対策

このような物流倉庫でよく起きる事故それぞれについての対策をご紹介します。

墜落・転落災害への対策

労働安全衛生規則第518条・519条では、事業者に対して高さ2m以上の箇所における墜落防止措置を義務付けています。墜落・転落災害の防止には、常に安定した足場で作業を行わせるほか、荷台の乗り降りは昇降設備を使用することが挙げられます。

フォークリフトとの接触による災害への対策

フォークリフトとの接触事故を防ぐには、あらかじめ作業計画を定めておき、フォークリフトと歩行者の動線が分離されていることを確認することが重要です。
また歩行者については安全通路や横断帯を設け、床面に塗装することで対策できます。フォークリフトの作業範囲を立ち入り禁止エリアとし、パイロン(カラーコーン)で区分けすることも一つの方法です。

ロールボックスパレットが関係する災害への対策

ロールボックスパレットによる事故は、わずかな段差に引っかかることで生じやすいことから、わずかであっても段差であっても取り除くことが重要です。やむを得ず段差を通過する場合は、複数人で作業を行い、十分に転倒防止に努めることが大切です。

また載せる荷物の量は、前方の視界を遮らない程度に留めましょう。場合によっては作業指揮者を配置し、指示のもとでロールボックスパレットの運搬作業を行うことが求められます。

転倒災害への対策

転倒災害を防ぐには、労働者が荷物を持って頻繁に行き来する通路は段差を解消します。常に整理整頓し、床に不要なものを置かないことも徹底することが大切です。

【関連コラム】
転倒災害とは?労働安全衛生教育を効果的に行う手法

腰痛を起こす災害への対策

腰痛予防については、厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針」を参考に、組織的に予防策を実施しましょう。腰部に負担がかかる作業についてはできるだけ自動化や省力化が望ましく、労働者に対しては作業姿勢や動作について腰に負担がかかりにくい方法を留意させることが挙げられます。

まとめ

物流倉庫は需要が高まっていることから、倉庫内では頻繁に人や荷物が行き来していることでしょう。労働災害は未然に防ぐことができます。ぜひ取り組みに役立ててください。また、労働災害を防止するには、従業員への労働安全衛生教育も重要です。

教育効果を高めたいとお考えの方は、「LaKeel Online Media Service」がおすすめです。
労働安全衛生などに関するアニメーションによる教育動画を500本以上提供しており、学ぶ意欲のない従業員でも興味が沸くよう工夫されているため、学びやすく理解しやすい内容となっています。

サンプル動画がございますので、アニメーションの教育動画による学びやすさ・理解しやすさを、ぜひ一度体感してみてください。


サンプルムービー

再生する
他の動画も見てみる
(無料視聴申し込み) ナリアちゃん

アニメーションによる教育動画で学ぶ意欲のない労働者でも興味がわくような仕組みがあり、フォークリフト災害を防ぐための教材も多く取り揃えており、フォークリフト災害が重大な事故につながることをわかりやすく学んでもらうことができます。

詳細は、サービス紹介ページをご覧ください。